2016年4月29日金曜日

Windows 10 で .MSV ファイルを mp3 に変換する

1. Windows 10 に Digital Voice Editor をインストールできない

ボイスレコーダーとして、SONY の ICD-SX88 を使っている。発売は 8 年も前になる。表面に大きな傷はあるけれど、ボイスレコーダーとしての機能は全く問題なし。現役として、まだまだ使える。

ただし、この機器における音声データのフォーマットは特殊。音声ファイルの拡張子は

.MSV

このファイルを Windows 7 で再生するには Digital Voice Editor という専用のアプリケーションを利用しなければならない。ただし、このアプリケーションを Windows 10 で利用することができないので困った。(+_+)

 

2. Switch で mp3 に変換する

ICD-SX88 の音声ファイルをエクスプローラーで表示するためには、予め「隠しファイル」を表示できるようにしておく。そのためには、

  • エクスプローラー > 表示 > 隠しファイル

にチェックを入れておく。

SnapCrab_ローカル ディスク (E)_2016-5-20_15-44-55_No-00

.MSV ファイルを mp3 に変換するには、Switch音声ファイル変換ソフト を利用する。

予め、MSVファイルを変換するとクラッシュします > SonyのMedia Player用プラグイン(1139kb)をダウンロード してインストールしておく必要がある。

Switch の操作方法は、ICD-SX88 を PC に接続し、

  1. 対象の .MSV ファイルを Switch に D&D。
  2. 出力形式から .mp3 を選択。
  3. 「ソースファイルと同じファイルに出力」にチェック。
  4. 「変換」ボタンを押す。

SnapCrab_Switch 音声ファイル変換ソフト (ライセンス無し)ご家庭での非営利目的でのご使用のみ_2016-4-28_23-54-6_No-00

2016年4月28日木曜日

エクスプローラーで「サーバーの実行に失敗しました」とダイアログが表示されフォルダを開けない

1. フォルダを開くことができない

Windows 7 でフォルダを開こうとした、その結果、

「サーバーの実行に失敗しました」

と表示され、全てのフォルダを開けなくなってしまった。(+_+)

ただし、この Windows 7 は、TeamViewer (11.0.56083) を使い、Windows 10 からリモート操作している。

 

2. 特殊フォルダの設定が原因ではなかった

エクスプローラー「explorer.exe "サーバーの実行に失敗しました"」の解決方法 - デジ絵初心者がガジェットを使ってみるブログ によると、

結論から申し上げますと

Windows7が起動時にあるはずの「マイドキュメントフォルダ」を参照できない

というのが原因です。

そこで、レジストリエディタ (regedit) を起動し、

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders

に設定されているフォルダと、下記一覧にあるフォルダの対応を確認した。

その結果、一部、存在しないフォルダが設定されていたので、対応するフォルダを作成した。

しかし、相変わらずフォルダを開けない。。(+_+)

システムの復元をしてもダメ。

 

3. TeamViewer の接続を切ったら、フォルダを開けた

問題の原因は以外なところにあった。

フォルダを開くことができた条件は、以下の通り。

  • TeamViwer の接続を閉じ、リモートから操作していた対象の PC で直接操作したら、フォルダを開くことができた。
  • また、同 PCにおいて、リモート接続がされてない状態で、フォルダを一つ開いた後、リモートから操作をするとフォルダを開くことができた。

何とも不可思議な現象だ。。(@_@;

オンラインストレージ Copy から MEGA へ移行した

1. Copy 終了までカウントダウン

重宝していたオンラインストレージの一つ、Copy が後わずかで終了となる。

オンラインストレージサービス“Copy”が5月1日で終了 - 窓の杜 によると、

米Barracuda Networks, Inc.は1日(現地時間)、同社が運営するオンラインストレージサービス“Copy”を5月1日で終了すること明らかにした。…

サービスの終了後はオンラインストレージに保存されたデータがすべて削除されてしまうため、ユーザーはそれまでにデータを移行もしくはバックアップする必要がある。

PC を起動するたびに、その旨が通知されるので、早く移行先を決めなければ。。 (+_+)

SnapCrab_NoName_2016-4-25_20-52-27_No-00

 

2. とりあえず、MEGA へ移行しておく

問題は Copy の代わりに、どこへ移行するかということ。

以下サイトで比較し、

とりあえず、MEGA にデータを退避することにした。

MEGA の無料で使える容量は 50GB なので、Copy の代替としては十分。ただし、その出自が多少気になるところ。

MEGA - Wikipedia によると、

2012年1月19日キム・ドットコム氏らが著作権侵害の疑いで逮捕、起訴されたことに伴い、アメリカ司法省と連邦捜査局(FBI)によって、ドットコム氏らが運営していたオンラインストレージMEGAUPLOAD」が封鎖され、関連サイトなどと共にサービスを終了した。[2]

 2013年1月19日、同氏らはMEGAUPLOADとは異なる、新しい形のオンラインストレージMEGAを設立。[3]

しかし、この際、もう期限が迫っているので考える余地はない。(^^;

 

3. アカウントの作成

まずは、MEGA にアクセスし、「アカウント作成」を行う。

SnapCrab_MEGA - Google Chrome_2016-4-24_21-58-36_No-00

アカウントを作成したら、MEGA からメールが届くので、Activate Account ボタンを押す。

SnapCrab_MEGA Account Activation Required - jute162@gmailcom - Gmail - Google Chrome_2016-4-26_8-7-0_No-00

 

4. Windows 用のクライントをダウンロード

次に同期するアプリケーションを設定するために、MEGA にログインし、

  • メニュー > アプリ > Sync Client

を選択する。

SnapCrab_NoName_2016-4-24_21-56-57_No-00

次に「無料ダウンロード」ボタンを押す。

SnapCrab_NoName_2016-4-27_23-51-10_No-00

 

5. 同期するフォルダを作成

Sync Client のインストールの中、「インストール・タイプを選択する」画面において、

  • 一部の選択的同期

を選択した。これは、他のオンラインストレージと同じように、ホームディレクトリ直下に MEGA 専用のフォルダを設けたいため。

SnapCrab_Wizard - MEGAsync設定_2016-4-24_21-45-24_No-00

「一部の選択的同期」を選択すると、デフォルトでは、ドキュメント フォルダ以下に MEGAsync が作成される。これに対して、他のオンラインストレージは、通常、ホームディレクトリ以下に作成される。

そこで、予めホームディレクトリの直下に MEGA フォルダを作成した。

SnapCrab_NoName_2016-8-13_9-39-22_No-00

「一部の選択的同期」画面において、ローカルフォルダを上記で作成したものを指定した。

SnapCrab_Wizard - MEGAsync設定_2016-4-24_21-47-26_No-00

 

6. 同期するフォルダの確認

もし、同期するフォルダを変更したい場合、

  • タスクトレイにある MEGA アイコンをクリック > 歯車のアイコンをクリック > 「設定」を選択

SnapCrab_NoName_2016-4-24_21-52-0_No-00

「同期」タブを選択し、追加・削除する。

SnapCrab_設定-MEGAsync_2016-4-24_21-52-12_No-00

2016年4月26日火曜日

Adobe Acrobat 10 を起動すると、しばらくして落ちる。アップデートもできない。

1. Acrobat が落ちる不具合

Adobe Acrobat 10 Standard を起動すると、しばらくして落ちる。

  • Acrobat のバージョンは 10.0.0
  • Windows 10 (1511)

1ngeqawgRrUc0DxZlP0Fbmj-5OUhrY3oバージョンが古いことが問題かと思い、メニューより、

  • ヘルプ > アップデートの有無をチェック

すると、

「アップデートに失敗しました」

エラー: 1007

とダイアログが表示される。

また、画像から PDF を作成するために、画像ファイルを右クリックしても、コンテキストメニューに

  • Adobe PDF に変換

の文字が表示されず、空白となってしまっている。

 

a. 手動でアップデートしてもダメ

そこで、手動でアップデートするために、

より、最新バージョンをダウンロードし、アップデートしても、上記の症状は変わらなかった。

 

b. グラフィックボードのドライバを更新してもダメ

アプリケーションが強制終了する(Acrobat/Adobe Reader) によると、

特定の Nvidia ドライバーとの互換性の問題が確認されています。この問題は、旧バージョンの nvdxgiwrap.dll を使用する Nvidia ハードウェアを利用する環境でのみ発生します。

そこで、Nvidia のドライバーを最新のものにアップデートしても、結果はダメだった。(+_+)

 

c. イベントビューアーでログを確認

そこで、不具合が出たときのログを確認すると、

  • スタートメニューで右クリック > コンピュータの管理 > システムツール > イベントビューアー

SnapCrab_コンピューターの管理_2016-4-23_20-3-58_No-00

障害が発生しているアプリケーション名: PDApp.exe

との記述があった。手掛かり発見。^^

 

2. Adobe Application Manager をインストールしたら、正常になった。

Acrobat Standard Xが起動できない |Adobe Community によると、

もし起動しないようでしたら、下記よりAdobe Application Managerの最新版を入れてみてください。

Adobe - Adobe Application Manager:For Windows:Adobe Application Manager

ただ推測混じりですので、これで確実に解消するとは断言ができません。

場合によっては一旦アンインストールし、HDDのエラーチェックと修復を行ったうえで

再インストールしたほうがいいかもしれません。

そこで、上記説明に従い、Adobe Application Manager をインストールした。

SnapCrab_Adobe Application Manager_2016-4-26_7-58-46_No-00

その結果、起動してしばらくすると落ちる現象はなくなり、アップデートもメニューより可能になった。

SnapCrab_Adobe Acrobat Reader DC Updater_2016-4-26_8-45-4_No-00

 

3. Acrobat 用の Cleaner Tool で削除後、再インストールしても、正常になった。

なお、Cleaner Tool で Acrobat を削除し、再インストールしても、正常になった。

右クリックで表示される PDF 変換のメニューが失われる(Windows 版 Acrobat ... |Adobe Community によると、

Acrobat Xの再インストール

(アンインストール時はクリーナーツール使用

Adobe Reader および Acrobat 用の Cleaner Tool について(Windows)

 

4. しかし、右クリックで表示されるメニューは空白のまま

SnapCrab_NoName_2016-4-26_7-31-30_No-00しかし、右クリックにより表示される Acrobat のメニューは空白のまま。

右クリックで表示される PDF 変換のメニューが失われる(Windows 版 Acrobat X) によると、

「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。…

regsvr32 "C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat 10.0\Acrobat Elements\ContextMenu64.dll"

この方法を試しても、変わらなかった。

どうやら、特定のアプリとバッティングしている模様。